ウスゲ

M字はげを改善する専門医での方法についての解説です。私が調べた範囲内で分かった、M字はげを改善する方法を紹介します。

 

M字はげはAGAと言われる男性型脱毛症の人に多い症状の一つでストレスや生活習慣もM字はげの要因の一つですが、主な原因となるのは遺伝や男性ホルモンの乱れによるものだと考えられています。

 

育毛剤などを使い自分で治療をして効果を得られる場合もありますが、一定の効果を得られない場合は病院にてAGA治療を受ける事により改善できる可能性があります。

 

AGA治療には主に2種類の方法があり一つは内服薬と外用薬を用いて治療する方法で、もう一つは頭皮に直接的に処置を施す治療です。

 

まず内服薬と外用薬での治療ですが、内服薬で主に処方されるプロペシアで薄毛の原因と考えられている男性ホルモンのDHTを抑制します。そして外用薬であるミノキシジルで頭皮の血行を良くして発毛を促すという仕組みです。

 

次に直接的な処置を施す方法ですが、主な方法としてHARG治療があります。これは毛髪に有効な幹細胞から抽出した成長因子とビタミンなどの有効成分を、頭皮に直接注入して発毛を促していきます。しかしこの方法は治療費が高額になる傾向があり、100万円以上かかる事も珍しくありません。

 

もう一つ有名な方法として育毛メゾセラピーという方法があります。HARG治療同様に有効成分を頭皮に直接注入していくのですが、育毛メゾセラピーでは注入する薬の中に幹細胞から抽出された成長因子は含まれておらず、ビタミンなどの有効成分のみを注入していきます。その為HARG治療に比べて費用を安く抑える事ができ10万円以下での治療が可能です。

 

M字はげの治療を始めたい方は是非、参考にご利用ください。

続きを読む≫ 2019/01/05 23:35:05

若禿げの育毛剤の効果を知っておくとこれからの薄毛対策に役立つこと請け合いです。

 

若禿げで育毛剤を使うと良い事がありますが、生え際のM字の対策をするのに評判が高いプロペシアを使おうとしても全く効果がなければ残念な結果が待っています。そうならないようにする手立ては無いのでしょうか。

 

確実に生え際の若禿げの対策のためにはどうすれば良いでしょうか。これにはプロペシアは効果があるのは知ってますが、AGAの元凶であるDHTの種類で、生え際部分の若禿げに関与する酵素にプロペシアがピンポイントで効きます。

 

ですがその一方で、プロペシアをどんなに服用しても全く変化が無い人も存在します。プロペシアの説明で言われてるのは2~25%の人に効果が無いという事実です。
生え際の若禿げにプロペシアの効果がないのは、この理由からです。生え際部分の若禿げの頭皮環境では内服薬のプロペシアのみでは育毛効果なし。

 

このプロペシアを使っても全く変化がない人は、いずれかに該当するようですが、本当でしょうか。若禿げの発生場所の前頭部の頭皮環境は育毛観点で見れば劣悪で、頭蓋骨の影響を受け血管が圧迫され血流が悪くなり、そうなれば栄養分が届かなくなって大切な毛根が栄養不足になります。

 

若禿げを改善するには育毛剤で良い商品を探しましょう。

続きを読む≫ 2018/08/17 14:38:17